HIROKOの『あーね*』>お絵かき>一年一年を大事にするために振り返る平成28年

2016年12月20日

一年一年を大事にするために振り返る平成28年

こんにちは!
はじめましての人ははじめまして!

もう12月も終わりに近づきまして現在位置の確認をしないとダラダラ時間だけが過ぎてしまうので今年の総括をしておきます。

このブログになったのは今年1月のことだったのか。
昨年末に考えていた年とは完全にいろんな意味で違うものになったなぁ。

年明けてまずチッタチッタのマンガを描き始めましたね。チッタチッタは描きあげましたが、そのあとマンガシナリオはやってましたが実際描けなかった。今年はマンガしか描かねぇって豪語してたはずなんだけどな。

チッタチッタを描いている最中に今年は熊本地震に遭いました。

やっぱこれでだいぶ年間予定が変わってしまった。避難所生活で絵が描けない期間があって絵描きが絵を描かないのは生きている実感がしなかった。
昨年は年間8日しか遊ばない(絵を描かない日)と決めていろんな誘いを断って実行したけど納得出来なかった。だから今年は5日と年初に決めた。残り360日はキャンバスに向かうつもりだった。

天変地異はどうすることも出来ず絵を描きたくて、描かないとおかしくなりそうで避難してたところにパソコンや画材道具一式を持込みチッタチッタを仕上げた(5月末完成)。
想い出の愛着あった車も潰れた。引っ越しもどうしようとか暗い気持ちで、チッタチッタを仕上げながら考えてたのが『熊本地震風化させないために』というイラスト(6月開始)。
これ当初は一般の方メインになっちゃうのかなと思いながら始めたのですが結構熊本で活動されてる方々が出てくださって嬉しかった。みなさんありがとうございました。

ふるさと牛深との関係もね、昨年牛深への僕の一方的な愛情は見事に裏切られw悲しいかな決別したつもりだった。
牛深朝市関係のはその前からすでに引き受けてた仕事だったので継続するつもりでやっていた。
視線を牛深から外へ向けようとしてた所ぎりぎりで再び牛深から引き止められたのがハイヤ総踊りポスター(9月)。

7月末ぐらいからなんか絵の調子バイオリズムが良くなって来てるかんじがしてた。この好調期間をできるだけ長く維持することを考えてた。

この時期にある油彩モデル(hirok drawwing)やってくれるコに出会って契約した。
彼女のルックスは切り取り方うまく行けば雑誌のグラビアにも引けを取らないものだと思った。絵画モデルというのは実は見た目だけ良くてもいい作品にはならない。その点、このコは絵画を描く上でやりたかったことを全て叶えてくれてモデルとして最高ランクで地頭がよくかなりこっちの要望を先読みしてくれた。この辺りはほんと感心しっぱなしだった。

その流れでずっと昇り調子のままハイヤ総踊りを迎え、経産副大臣とポスターを持って写真を撮られたあの時点、あそこが僕の人生の一回目のピークだと思った。

ピークを維持したまま油彩(hirok drawwing)の下準備で描いた2枚目がとても良く、これまでにない納得のいく作品になった。
画家hirok37歳最高のモデルを人生の絶頂期、絶好調期が重なって描いた自身最高傑作を見ることができた(来年公開)。

この後、絶好調期ならバンバン捌いてたお仕事が、調子を少しずつ下げていく中、停滞し始めるw
少しだけ自分の力量を越すぐらいが一番成長できると思っているからここで実力をもっと伸ばそうと考えていたから目一杯やった。
ほんとに2,3日寝る時間がないというのも初めて経験して何年も規則正しい生活してたのに5年ぶりぐらいで体内時計も狂った。
ほんとはhirok drawwingをやりたい時期だったのにまったくそちらが出来なくてこの不満が調子を悪くする原因にもなったと思う。

そしてゆっくり下がり調子だったものが12月1日、ここでスイッチが完全に切り替わった。調子0からマイナスへ。ただいま絶賛不調中w。
不調って何?って思われるかもしれない。描く技術は持ってるわけだから何も変わんないじゃんって言われる。でも全く違うんだな。

一番大きいことは、調子がいい時は当たり前に見えてたものが見えなくなることといえば伝わるかな。
ここは自分の絶頂期の記録として残しておきたいから後半で絵描いて表現しておきます。

正直な気持ち描くと、今年は自分の作品をしっかり描く年にしたいと年初に考えてた。予定とは大きく違って幅も広げすぎた感想。
まだ僕は世に出るには早い。まだ描きたいと思う作品がたくさんあるんです。大きなお仕事絵はもっと先でもいいな。来年は今年みたいにはやらずもっと絞って確実に進めていこうと思います。ほんと絶頂期は迎えたものの、反面やり残して後悔してることもたくさん。
時間はいくらあっても足りません。忘年会も顔出さなくてお断りばっかですみません。人付き合い面は最低ですね。ごめんなさい。

ということで、今年描いた絵まとめです。
僕に権利のない仕事絵やまだ未公開hirok drawwingの絵(現時点最高傑作)などは含みません。


そういえば今年は女性のみ美少女をのべ何人描けるかカウントしてましたので未公開分も含めて発表!
もう少し年内期日は残っておりますが、今年描いた美少女の数は!

『355人!』

笑うわこんなんwのべ355人も描いた(Pixivでは公開分すべてカウント表記してます)って自分でもビビるわwこの記録しばらく無理やろwしかも男性抜きに数えてだからなw
毎年思う。こんだけ描いても描いても次の日朝起きてまた絵を描きたいと思えるのは天職というしか無いやろな。

( ゚д゚)ハッ!アニメ部の活動最後の方全く参加してないwごめん部長。首になるかなwせんどいてね。頑張るから。

*.♪★*・゜・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*・゜*.♪

絶好調期の僕の目はこういう風に見えていた。記録のために思い出しながら残します。
まずこういう風に俺の部屋でモデルさんにポーズとってもらってるとします。

↑普通当たり前の話こういう風に見えると思います。

写真を専門にやってる方もこういうのはあると思うけど、調子が上がってくるとまずどこを切り取ると美しく見えるかという構図を切る黄金比が見える。

↑こんなかんじ。まぁ基本だと思う。

ここからが違うんスよ。さらに調子が上がると、服の生地の厚みなどが消え体のラインが見える→骨格が見える。これがすごい立体的に感じるんです。
ここが一般の方には感じること出来ない感覚だと思う。
実はその体のラインに服を着せて描いていると言った方が一番感覚に近い。

↑こんな感じ。
これね、もちろん集中するとよく見えるようになるんだけど、絶好調期は集中しなくても見えてしまうから(決してエロい意味で言ってるわけじゃないです)わかりやすい話普段見たくない外ではメガネを掛けて無いことが多い。美しくないものが目に入ってくるのをぼかして防ぐためですね。
調子悪くなるとこれがさっぱり見えないんですわw画力に差がでるのはこれでわかってもらえると思う。
他の人の絵を見ても同じで、この人は見えてないんだなとかすぐわかる。
だから調子がいい時期にhirok drawingを全部描き上げたかったんだよなー。

ということでまとめ。
絶好調期の画家の目は普通の景色で表すとこういう風に見えている図↓

伝わったかな?しっかり表現できたと思う。
次の絶好調はいつやってくるんだろう?来年こないかもしれないとか思うとほんと調子を合わせるっていうのはほんとに難しいと実感する。自身最高傑作更新はしばらく見ることは出来ない。






同じカテゴリー(お絵かき)の記事画像
絵を描くということ-序章
チタ抜けプロモが完成なのだ!
358人の人物絵を描いた結果→
ゼロソー天草公演などもろもろ
チッタチッタ製作中・・・・・・
同じカテゴリー(お絵かき)の記事
 絵を描くということ-序章 (2016-09-08 02:45)
 チタ抜けプロモが完成なのだ! (2016-05-12 04:36)
 358人の人物絵を描いた結果→ (2016-05-07 05:18)
 ゼロソー天草公演などもろもろ (2016-04-14 00:31)
 チッタチッタ製作中・・・・・・ (2016-02-27 03:41)

Posted by hirok○  at 04:45 │Comments(0)お絵かき

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。